ヨーグルトを食べて体の中から綺麗になる!

私は以前、便秘で悩んでいました。便秘が進むと、肌荒れがひどくなったり、度々胃痛に悩まされたり、イライラしたりと良くないことばかりでした。

また、もともとアレルギー体質で花粉症もひどかったのですが、腸内環境を改善して体の中から綺麗になると良いという話を聞いたので、腸内環境の改善に良さそうなヨーグルトを食べることにしました。

ヨーグルトは無糖のものを選び、きな粉・バナナ・オリゴ糖・りんご・黒ゴマなどをその日の気分に合わせてヨーグルトと混ぜて食べています。すぐには効果がありませんでしたが、2週間くらい続けると、便秘も解消されました。

花粉症などのアレルギー症状は完全には良くなってはいませんが、便秘が続いていたころと比べると症状もだいぶ治まり、肌荒れなども少なくなってきました。

毎日ヨーグルトを食べる生活を続けて1年3か月くらいになりますが、食べていなかったころとは体のコンディションが全然違いますし、肌も見違えるように綺麗になったので、自分には合っている美容法だと思い、これからも続けていこうと思っています。高い化粧水を使ったり、便秘薬を使ったりすることも考えた時もありましたが、体の中から綺麗にならないと意味がないと思っています。

今している美容法について

私は、30代後半の女性です。 最近は、顔のほうれい線などがすこし気になり出しました。 ですので、美容にはきをつけています。

まず、私がしている美容法は肌にあった化粧品を使い肌をいたわることです。 20代の頃は、安い化粧品がお手頃で良かったですが、やはり今は価格が少し高くても良いものを使うようになりました。

美容液をほうれい線が、目立つところに塗り込みマッサージしています。 これを初めてから、肌の調子が良くなってきた感じがします。

すこし、手間をかけてあげると肌が喜び潤ってきている感じがします。 化粧品を変えて良かったです。

また体に良いものとして食べ物では、豆乳や豆を取るようにしています。 女性ホルモンに良いイソフラボンが、入っているのでこれからの、私達の年代には大切な食べ物だと思っています。

豆乳をココアに混ぜて飲む、豆乳ココアが最近のお気に入りです。 運動では、週末にウォーキングを楽しんでいます。 体にも良いし、また気分転換になります。

更には、姿勢が良くなりました。 以前は、猫背でしたが姿勢を意識しながら歩くと姿勢が良くなりました。 大変嬉しいです。

美容とは、やはり立ち姿も関係してくると思うので大切にしています。 以上です。

脚が真っ赤で痛くて痒い!カミソリまけに驚きました


30代後半女性です。

ムダ毛の処理をする時に除毛クリームを使っていたのですが、毎回ツーンとした独特の臭いが嫌で、初めてカミソリでムダ毛の処理をすることにしたのです。

友人がカミソリでムダ毛の処理をしているのですが、いつも簡単にムダ毛の処理が終わると言うので、除毛クリームを塗って数分待つことが面倒でしたし、カミソリで脱毛したほうがムダ毛の処理時間が早く終わると思い、カミソリを試してみることにしたんです。

カミソリを使うとあっという間に終わるのですが、肌の状態がだんだん悪くなってきました。

毛穴がプツプツと赤く目立ってしまうようになり、肌を触るとヒリヒリと痛いんです。

最初だけかなと思って、続けてカミソリでムダ毛の処理をしていると、カミソリを使った脚全体がすごく赤くなって家族から驚かれました。

「それはカミソリまけだよ!もう使うのはやめなさい」と母から言われて、自分にはカミソリはまったくあわないことを初めて知りました。

痛い・痒いで夜も眠れない状態になり、皮膚科に行ってお薬をもらってきました。

すると肌がだんだん治ってきて安心しました。それ以来絶対にカミソリは使わないようにしています。

楽だとしてもあんなに肌がひどい状態になるなら無理です。

相手から求めてくれる香水

結婚して今年で5年になります。子どもはまだいません。実は、結婚が決まった直後に彼の転勤が決まり、結婚式は何とかこちらで挙げられたものの、やたらと忙しい生活を送っていました。そして、気づけば今まで子どもなし。夜の営みも、最後にしたのはいつだったか忘れてしまったくらい前の事……。

両親に孫を抱っこさせたいという気持ちもそうですが、それ以上に自分が“女性”として見られているか不安になってきました。よく「倦怠期夫婦」なんて言いますけど、うちもそうなってしまったのかしら……。
堂々と求める勇気は、私にはありません。どうしても恥ずかしさの方が勝ってしまい、口に出せないのです。夫婦なのに(笑)

こんな悩み、恥ずかしくて他の誰にも話せません。気心知れた友人たちにも、実家の家族にも。でも、ネットなら顔が見えないし、もしかしたら同じ悩みを抱えている女性がいるかもしれない……と思い、さっそく検索してみました。
すると、堂々と誘わなくても相手から求めてくれる可能性がある……という、まさに今の私にピッタリのアイテムを見つけました。
それを紹介しているサイトがこちら。

リビドーロゼの体験談

一言で表すと、そういう時向けの香水だそうです。いかにもな感じのフェロモンムンムンな香りではなく、爽やかな香りだというところも私にピッタリです(爽やかな方が好きなので)。
そういえば、結婚してから香水って全く使わなくなったなぁ。たまには、こういった“香り”でさりげなくアピールするのもいいかもしれませんね。

注文するのにもかなりの勇気が要りましたが、注文した本人にしかわからないような方法で配送してくれるとの事で、ようやく注文確定ボタンを押す事ができました。
うちの旦那にも効いてくれる事を願います。

毛抜きでの脱毛が思いもよらぬ結果に

脱毛は女性としては当たり前の行為だと思います。

私は最初はカミソリで脱毛していたのです。

一番気になる場所は、やはりワキです。その次は足のスネん部分でした。

最初は、カミソリで毎日剃っていたのです。毛は伸びるのが本当に早いと思いますが、1日も経つと、2ミリくらい伸びている感じになるのです。

その状態がワキもスネも一番目立つ感じになるのです。黒い点々がたくさんあるように見えます。

毎日、カミソリで剃っていたのですが、でも埋もれ毛というのか、黒いブツブツがきになるようになり、毛抜きを使って抜くことにしたのです。

時間はかかりますが、仕上がりはカミソリより綺麗でした。

これはいいと思い、毎日、毛が出てきたら抜くといった感じになり気づけば毛抜きがなくてはダメなほど習慣化してたのです。毛抜くで抜くことを続けて2年くらい経った頃、だんだんとワキもスネも毛が太くなり、肌も黒ずみ始めたのです。

それでも癖になっている私は、毛抜きで抜いていました。

抜いたあとは何も処理をしなかったので、毛穴にばい菌が入ることが多くなり、いつも赤いブツブツが何箇所かできることもありました。

そんな感じで繰り返していると、多分ですが、毛が生えてくるとき異常なくらい痒みを生じます。人前でもワキを掻きたくてたまらないのです。

スネは人前でも掻けますが、ワキはそういうわけにはいきません。羞恥心が一応あったので。 だんだん痒いから掻いてしまう、でも毛も気になるから毛抜きで抜いてしまうの繰り返しから、毛穴がよく化膿してしまったり痛みも生じるようになってしまったのです。

よかれと思ってつかった毛穴が、脱毛もできないくらい皮膚がとても悪い状態になり、黒ずむもさらに悪化してしまったのです。 自己処理ができなくなったので、脱毛サロンに行き、肌の状態を戻してから脱毛してもらいました。

自宅での脱毛は楽でお金もかからないからいいと思って始めたのに、ワキの肌の黒ずみはひどくなり、余計にひどいことになってしまったのです。

最初から脱毛サロンに行っていれば、何も悩まずに嫌な経験もせずに済んだのにと思って、後悔してます。